シェアする

Raspberry Piで最新のnginxをインストール[ver1.7.8]

シェアする

以前紹介した方法では最新版(現在はversion 1.7.8)が入らないので自前ビルドしてインストールする
最新版の方が当然バグFixや改善等されているのでお勧め(前の記事の場合入るバージョンは 1.2.1 古すぎる。)

では手順を説明する

⒈nginxを構築する

予めインストールしている場合でも止めること無く最新版へ置き換える事が出来るのでそのままでOK

先ず作業用ディレクトリを作成し、最新版のnginxをDLし解凍
一気にインストールまで行う

#面倒なので管理者になっておく
su

cd /
mkdir build
cd build

#最新のnginxをDLし解凍
wget http://nginx.org/download/nginx-1.7.8.tar.gz
tar zxvf nginx-1.7.8.tar.gz

cd nginx-1.7.8

#必要なパッケージをインストール
apt-get install libpcre3-dev libpcre++-dev libgd2-xpm-dev libgeoip-dev libxml2-dev libxslt-dev libssl-dev

#そして .configure & make make install
./configure --prefix=/etc/nginx 
 --sbin-path=/usr/sbin/nginx 
 --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf 
 --error-log-path=/var/log/nginx/error.log 
 --http-client-body-temp-path=/var/lib/nginx/body 
 --http-fastcgi-temp-path=/var/lib/nginx/fastcgi 
 --http-log-path=/var/log/nginx/access.log 
 --http-proxy-temp-path=/var/lib/nginx/proxy 
 --http-scgi-temp-path=/var/lib/nginx/scgi 
 --http-uwsgi-temp-path=/var/lib/nginx/uwsgi 
 --lock-path=/var/lock/nginx.lock 
 --pid-path=/var/run/nginx.pid 
 --with-pcre-jit 
 --with-debug 
 --with-http_addition_module 
 --with-http_dav_module 
 --with-http_geoip_module 
 --with-http_gzip_static_module 
 --with-http_image_filter_module 
 --with-http_realip_module 
 --with-http_stub_status_module 
 --with-http_ssl_module 
 --with-http_sub_module 
 --with-http_xslt_module 
 --with-ipv6 
 --with-sha1=/usr/include/openssl 
 --with-md5=/usr/include/openssl 
 --with-mail 
 --with-mail_ssl_module

make
#ビルド完了したらバイナリのバージョンを念のため確認
./objs/nginx -V
~バージョンやらconfigure情報出ればOK~

#問題なければインストール
make install

※既にインストールしていて、かつ起動している場合は以下も行う
※以下の手順で古いプロセスを殺し、新しいプロセスを活性化させる事でレスポンスを落とさずに更新が出来る

#既存プロセスのPID確認
cat /var/run/nginx.pid;
1234 ← PIDが出る

#USR2シグナルをマスターへ送信
kill -USR2 1234
#更にWINCHシグナルを古いマスタープロセスに送る
kill -WINCH 1234
#更にQUITシグナルを古いマスタープロセスに送る
kill -QUIT 1234

これで既存レポのnginxと同じ場所に最新のnginxが入る。
最新インストール前に既にnginxを入れていた場合、前の設定ファイルが残っている
設定ファイルは

apt-get remove --purge

した後でも残っているので

sudo service nginx start

と起動して完了。

前に古いバージョンを利用していて、今回新しく入れた人はこれで終了。

新規の場合は以下の様に設定ファイル等のフォルダを作成してnginx.confを編集しておく

sudo mkdir -p /var/lib/nginx/body
sudo mkdir -p /etc/nginx/conf.d/
sudo mkdir -p /etc/nginx/sites-enabled
sudo mkdir -p /etc/nginx/sites-available

sudo vi /etc/nginx/nginx.conf

#以下の内容を参考にする
#nginx実行ユーザ www-dataでなく自分がメインで利用するユーザでも構わない
user www-data;
#サーバのプロセッサー数に依存する
worker_processes 1;
pid /var/run/nginx.pid;

events {
#同時接続数 この上限値はプロセス制限数に依存する
#1024以上にしたい場合は
# ulimit -u 2048
#等実行して制限値を上げる
 worker_connections 1024;
}

http {
 include mime.types;
 default_type application/octet-stream;

 access_log /var/log/nginx/access.log;

 sendfile on;
 #keepalive_timeout 0; 
 keepalive_timeout 65;

 gzip on;
 gzip_disable "msie6";

 include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
 include /etc/nginx/sites-enabled/*;
}
# END

更に新規の場合は以下のインストールと記事の[⒊nginxの設定]以降を見て設定する

sudo apt-get install -y mysql-server phpmyadmin php5-fpm

Raspberry Pi + nginx で低負荷RTMPサーバを構築する

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク