シェアする

【簡易インストーラ及びobs-studioアップデート】 【2017/8/12】

シェアする

公式版 OBSStudio20.0.0にベースを変更しました

今回からビルド版と簡易インストーラ版の差がほとんどありません(むしろビルド版は色々と手動作業が増えているので簡易版の方が多機能です)、簡易インストーラ版を利用する事をオススメ致します。

UIを公式版に変更、MINI_UIを廃止

2017/08/12 13:30に
簡易インストーラを更新しましたので再DLお願いします

http://variedtastefinder.jp/blog/?page_id=1829

公式版との変更点を以下にまとめておきます

  • 追加テーマ(Blue,Pink,DeepPurple,DeepRed,微調整したDark)
  • x264 mod-v2対応
  • x264カスタム値のプリセットファイル読み込み対応
  • x264プリセット読み込みするかどうかのチェックボックス追加
  • 設定ファイルを[Roaming\obs-studio-vtf]へ切り分け(公式版との差別化)
  • NDI追加
  • 指定範囲キャプチャを公式テスト実装版に切り替え(一時的 後々VTF版に戻します)
  • 仮想カメラ追加

■仮想カメラ機能の使い方

□インストール方法

ファイルパス【obs-studio\bin\64bit or 32bit\vcam-install.bat】を右クリックから【管理者権限として実行】を行う事で仮想カメラがインストールされ、利用可能になります

□アンインストール方法

インストール方法の同パスに存在する【vcam-uninstall.bat】を【管理者として実行】する事でアンインストール出来ます

□利用方法

インストール後は、インストールしたOBSを実行し、【ツール – 仮想カメラ】を開き

開始を押すことで出力されるようになります、遅延フレームはOBSの映像が実際にカメラに出力されるまでの遅延レンダリングフレームです 通常は0で構いません

その他更新内容が多すぎるので触って慣れてくださいm(_ _)m

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク