シェアする

【X205TA】ついにスピーカーで音が出せるようになりました【Ubuntu】

シェアする

前回のX205TA記事

【X205TA】Ubuntu 17.04 32bit版を導入して快適な作業用ノートPCとして常用する ※追記
※2017 05/29 内蔵サウンドが動作するようになりました ※2017 02/20 内蔵BT有効化方法及び内蔵WI...

の続きとして記載します

前回記事の段階ではハードウェアサウンド以外、ほぼ動作するようになった訳ですが

ついに、海外有志様によりハードウェアサウンドも動作するようになりました、これでBTヘッドセットもUSBオーディオデバイスも不要になった!

※今回の方法ではカーネルを変更します、失敗すると最悪の場合起動しなくなるのでご注意ください、Ubuntuユーザなら大丈夫よね※

1.インストールスクリプトのダウンロード

有志様作成のサウンドパッチが適用されたカーネルインストールスクリプトをDLします

# 64bit版でインストールした場合は下記
wget ftp://x205ta.myftp.org:1337/kernel/kernel-sound-64bit.tar

# 32bit版でインストールした場合は下記 ※前回記事の通り作業した後ならならこっち
wget ftp://x205ta.myftp.org:1337/kernel/kernel-sound-32bit.tar

2.スクリプトを用いてインストール

DLしたファイルを展開し、スクリプトを実行します

# 64bit版の場合
tar xf kernel-sound-64bit.tar
# 32bit版の場合
tar xf kernel-sound-32bit.tar

#インストール実行
sudo ./install-sound-kernel.sh

実行すると自動でインストールが行われ

Finished !  A reboot is required, do you want to reboot now or later ?
1) Reboot now
2) Reboot later
Enter:

と表示されます、1と入力し再起動しましょう

3.インストール後

再起動後、【設定->サウンド】を開くと下記画像のようにデバイスが2つでますので【Speaker – chtrt5645】を選択してアクティブにしましょう

これで音が鳴るようになります、鳴らない場合はアクティブにした後、一度再起動しましょう

4.デバイスが出てこない場合

コンソールを開き、【uname -r】で【4.11.0-rc7-sound-14】と表示されるか確認しましょう

違う場合はパッチ適用のカーネルよりも新しいカーネルが入っていて、そちらが優先になってしまっているか、自ら変更している可能性が高いのでGRUBを編集して変更するか、起動時に手動でカーネルを【4.11.0-rc7-sound-14】にするかで対処してください、私は新しいのが入っていたので新しい方のカーネルをpurgeしました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク