シェアする

【windows10】hyper-vが無効化出来ない時の備忘録

Windows10にて下記画像の部分のhyper-vをチェックoffして無効化したい

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

でも再起動すると【構築に失敗しました】となり、有効状態に戻ってしまう

こんな時の対処法

もし、環境変数のTEMPフォルダが別ドライブなどに変更されている場合、同様の症状が出るらしい。

その場合の解決策はTEMPフォルダを元のパスに戻す事で解決するらしい

今回私はこれが原因ではなかったので応急処置として以下を実行する

管理者権限でコマンドプロンプトを実行し以下のコマンドを入力

bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

これでhyper-vが無効化出来るらしい

しかし

私の環境では無効化出来ず・・何故

私の環境ではUbuntuとデュアルブートな環境になっているので、再起動時に上手く反映されていないのかも、と思い別の方法を試す

再度管理者権限でコマンドプロンプトを開き

bcdedit /copy {current} /d "Disable Hyper-V"
*ここで下記の様なメッセージが出る
エントリは {ここに文字列} に正常にコピーされました。

*そして上記文字列をコピーして以下の通り入力してEnter

bcdedit /set {先ほどの文字列} hypervisorlaunchtype off
この操作を正しく終了しました。

*後は【Shiftキー】を押しながらWindowsを再起動し
【別のオペレーティングシステムの使用】->【Disable Hyper-V】と選択して再起動

これでやっとHyper-Vを無効化出来ました、デュアルブートの影響で、上手く反映されていなかった物と思われますが、とりあえずこれで解決、めでたしめでたし

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク