シェアする

【Windows】私の配信時に利用している設定やシーン構成【全公開】※随時更新※

シェアする

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

以下の設定内容及びシース構成は2016/10/25時点の物です

利用しているOBSはビルド版obs-studio [FDK only , mini_UI]です

簡易版でも設定出来ますが、その場合音声ビットレートの値を適切に変更してください。

スポンサーリンク

■ニコ生配信時に利用しているツール

  1. おまけちゃん(自動枠取り):http://variedtastefinder.jp/blog/?page_id=2105
  2. obs-studio:ビルド版[FDK only,MINI_UI]【簡易版でも可】
    【ビルド】 http://variedtastefinder.jp/blog/?page_id=1207
    【簡易版】http://variedtastefinder.jp/blog/?page_id=1829
  3. NiconamaCommentView:http://www.posite-c.com/application/ncv/
  4. 棒読みちゃん:http://chi.usamimi.info/Program/Application/BouyomiChan/

これだけあれば配信環境は整います

配信プロセス(ニコ生)

  • あらかじめ【おまけちゃん】でクッキー取得と放送枠の設定を行っておく
  • NCVで棒読みちゃんの設定など済ませる
  • OBS側の設定を済ませる
  1. おまけちゃんで 【放送枠を取得する】ボタンを押すだけ

選択されている枠内容で取得され、OBSが勝手に配信を開始する

おまけちゃんの連続枠取得にチェックを入れていれば、次枠移動は何もしなくても勝手に切り替わる

OBSの設定

設定->映像

  • 基本(キャンバス)解像度:1920×1080
  • 出力(スケーリング)解像度:640×360(ニコ生通常サイズ) or 810×456(ニコ生大きいサイズ)
  • 縮小フィルター:ランチョス
  • FPS 整数値:25

設定->詳細設定

  • プロセス優先度:高
  • レンダラー:Direct3D 11
  • カラーフォーマット:NV12
  • YUV 色空間:709
  • YUV 色範囲:全部

設定->配信

  • 配信種別:ニコニコ生放送
  • ログインタイプ:おまけちゃんのクッキーを取得
  • 映像ビットレートを自動調整:ON
  • 自動で配信開始と枠移動を行う:ON
  • 監視間隔:25

※おまけちゃんは以下の物※

【ニコ生】おまけちゃん【枠取りツール】※新配信(β)について追記
ニコ生 新配信(β)への対応について 以前より生放送を通じてお話していましたが 私自身、今後ニコ生の利用頻度が低下、もし...

設定->出力

・配信

  • オーディオトラック:1
  • エンコーダ:x264
  • ストリーミングサービスのエンコーダ設定を適用する:OFF
  • 出力をリスケールする:OFF
  • レート制御:VBR(FFmpegの感覚でCBRにしていたが、OBSではVBRの方が良い)
    ※CBRはビットレート固定化エンコードですが、この仕組みはエンコードした後に足らないビットレート分、空データを加える事で実現されている為、結果不要なデータが常に送信されています。 VBRは設定ビットレートの範囲内でエンコードしたデータをそのまま送信するので、画質が下がる事やオーバービットレートするデメリットがありません、更に空データ分の処理が無い為配信の安定化(回線が常に設定分食われない)や配信フレームレートの安定化に繋がります、FFmpegの頃は仕様なのか良くオーバービットレートしてしまっていたので原則CBRでしたが、OBSでは問題ない様です※
  • ビットレート:1500(最新ビルドで設定を配信中に変更出来てしまう問題に対応した為ここは初期値のまま)
  • 特定バッファサイズを利用:OFF(ビットレート毎に適切に設定しないと余計なラグやオーバービットレートなど発生する為、デフォルトでなんの問題も無い)
  • CRF:21(配信するものによってはオーバービットレートになりやすくなるので、配信が止まる程酷い場合は23また動きの多い映像を出力する場合は22~23)
  • キーフレーム間隔:0(自動)
  • CPU利用のプリセット:slow
  • プロファイル:high
  • チューン:なし
  • 可変フレームレート(VFR):OFF
  • プリセットファイルを利用する:ON
  • x264プリセットファイル:因幡氏の配布している【ffmpegMODv2-high-25fps-6.ffpreset】改変無し
    もしくは出力FPSが20の場合はhigh20fpsの物
    もしくは出力FPSが48の場合は改変したhighプリセット(ベースはhigh30でFPSの部分のみ48へ合わせている)
    (因幡氏の配布しているアップローダでのzipファイル名は:FFmpegMODv2用ver.1.31.zip、この中に各種入っている、要readme.txt参照)

・録画(同時配信用設定)

  • 種別:カスタム出力(FFmpeg)
  • ファイルパスまたはURL:CaveTubeのRTMPURL
  • コンテナフォーマット:mp4
  • マルチプレクサーの設定:無し
  • 映像ビットレート:480
  • 出力をリスケールする:OFF
  • 映像エンコーダ:h264_nvenc(libx264)
  • 映像エンコーダの設定:無し
  • 音声ビットレート:64
  • オーディオトラック:2
  • 音声エンコーダの設定:無し

・音声

トラック1:ゲーム配信時(18),雑談配信(64)

トラック2:124

シーン(以下の設定を複製して雑談、ゲーム配信と2つシーンがある)

以下ソースリスト(実際の並び順上から)紹介していきます

画像はソース右クリック->変換(T)->変換の編集…(E)

その下の画像はソースのプロパティ

同じ構成でゲーム配信の際はメインのウィンドウキャプチャをゲームキャプチャと入れ替えたりしている

  • ソース名(info):テキスト(GDI+)
    用途:離席などの表示用テキスト、ソース左側にある目のアイコンで表示非表示切り替えて利用している
    info%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  • ソース名(IDList):BrowserSource
    用途:画面右下に置き、SteamIDやSkypeIDを表示させているHTML5アニメーション
    現物非公開につきパス
  • ソース名(animation_title):BrowserSource
    用途:当Blogのタイトルとサブタイを表示させている(サブタイ見えないけど)こちらもHTML5アニメーション
    表示させているHTMLソース:http://variedtastefinder.jp:3000/root/Animated_textfill
    ※とりあえずindex.htmlの78,80行目を変更すれば表示される文字が変わるので、使う場合は編集してください
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3他にフィルタのクロップを利用して上下左右不要な部分を消している
  • ソース名(System):テキスト(GDI+)
    用途:外部ツールと連携しシステムステータスを表示する
    利用ツール(Snaz):https://github.com/JimmyAppelt/Snaz/releases
    Snazの設定%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
    テキスト(GDI+)の設定:%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  • ソース名(ニコニコ動画):ウィンドウキャプチャ(対象:Chrome)
    用途:ニコニコ動画をフィルタのクロップを使って動画のみにして表示させる
    ※Chromeでニコニコ動画を表示させて、プラグインのTamperMonkeyを利用し(ZenzaWatch)を適用しています
    ※動画メインのシーン構成の場合※
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3※ゲームやデスクトップメインの場合(サイドに配置)※
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  • ソース名(設定内容):テキスト(GDI+)
    用途:プリセットなど現在の設定値を表示
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  • ソース名(ニコ生コメント):BrowserSource
    用途:HTML5版コメジェネを表示させている、少々改変してスキンやフォントも変えている
    HTML5コメジェネ改変ファイル:http://variedtastefinder.jp:3000/root/CommentGenerator
    使い方はリンク先にて%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
  • ソース名(画面キャプチャ):画面キャプチャ
    用途:デスクトップを表示する
    フィルタ:Scaling/Aspect Ratioを適用、フィルタリング:Lanczos、レソリューション:640×360
    ※フィルタを利用するとデフォルトよりも文字が多少見えやすくなる※
    ※動画メインの場合(デスクトップはサイドへ)※
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3※デスクトップメインの場合※
    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク